Mayのブログ

読んだ本についての感想など。

「ヘルタースケルター」 岡崎京子


…先々週かな。

たまたま「ヘルタースケルター」という漫画についての感想ブログを読んだんです。

そのブログの作者は女性のようで、読みながら私は、「へー、こういう感想もあるんだ〜」とか思ったりしてました。

そう言えば以前テレビで、玉城ティナさんが好きな漫画として紹介していた事なども思い出し(映画の宣伝だったかもですが)、

この漫画は男性よりも女性に刺さるのかな?と、思いました。

実は、かくいう私も以前Twitterで、

「あの漫画は欲望の赴くままに見えて深いです。」
…と、フォロワーさんにリプした事があります。

でも、あとからよく考えてみて、
「深いって、何がだ?」
…と、自分にツッコミを入れたくなりました。

そんなこともあり、ここはひとつ、自分の考えをまとめるためにも感想ブログを書いてみよっかなぁ〜、なんて気持ちになったのです。

今さら感もありますが…。

でもその前に、他の人はどう思っているのかをもっと知りたくなり、ブログやYahoo知恵袋などを覗いてみました。

そしたらあるはあるは「ヘルタースケルター」についての感想が。

やはり映画化されたし話題にもなったからでしょうか?

中には、ガッツリあらすじが書いてあるものもあり、ネタバレ大丈夫だろうか…と、思ったりしました。

でも、映画のみの感想も多く、意外と原作を読んでいない人も多いのかな…と、思いました。

原作はなかなか過激な漫画なので、好き嫌い別れるかもしれません(私は好きですが)。

さて、長々と前置きを書きましたがここからが私の感想です。

まずはざっくりあらすじを…。

全身整形手術をして美しくなったりりこは、モデルとしてみんなからチヤホヤされてテレビに映画に引っ張りだこです。

でも、整形手術の後遺症に悩まされ、自分がいずれモデルとして使い物にならなくなることを知っています。

後遺症による痛みを紛らわそうと、怪しい薬に手を出し、心も身体もボロボロになって仕事も激減し、破滅へと向かっていくのです。

…てな感じ。

こうして見ると、ストーリー自体はわりとありがちかもしれません。


でも、なんだろうな…。

何かを感じるんです…。

なんていうか、

この漫画に、私は「欲望」だとか「搾取」だとか、そういったものの存在を感じるのです。

「欲望」は、

「美しくなりたい」「モテたい」
「チヤホヤされたい」とか…

または、そういうものの象徴を眺めて、疑似体験してみたい…とか。

そんな感じ…?

整形手術で美しくなったりりこは、インタビューではみんなが望むような事を喋り、綺麗に着飾って写真に撮られています。

でもそれは本当の自分じゃない。

自分を偽る事でりりこの心は疲弊し、それと同時に自分のファンを憎むようになります。

ファンのことを「整形前の醜い自分をバカにするような、浅はかな人達」と、思ったのかもしれません。

実際マネージャーは、整形前のりりこにそっくりな彼女の妹に対して「しっかし…すっげえブスだったなあ」と、蔑むような言い方をしています。

それをりりこが聞いたかどうかは分かりませんが、もし聞いていたとしたら、どう思ったでしょうか?

妹は唯一りりこが心を許せる相手だったはずです。

そのへんのりりこの心境もとても気になるところです。

それともうひとつの「搾取」とは?


美しさはそう簡単に手に入るものではありません。
りりこの美しさは、彼女の身体や心、人生の全てと言っていいほどのものを犠牲にして手に入れたものです。


美しさでファンを魅了するために。

そんな「ファンの皆さん」という存在が、りりこの人生を搾取しているように、私には感じられるのです。

それとあと、事務所の社長です。

りりこに整形手術をうけさせた張本人で、彼女の夢は、昔の自分そっくりに美しくなったりりこを伝説にする事です。

その社長が、自分の夢のためにりりこの人生を搾取しているように、私には見えました。

「欲望」と「搾取」。

この言葉は、男性よりも女性の方がより強く感じているのではないかと思います。

なぜなら、欲望の対象として性を売るのは男性よりも女性の方が多いからです。
(きちんと調べた訳ではないけど、多分そう!(`•ω•′)✧︎)

そんな、欲望の対象となったりりこは、人生を搾取されてもメソメソするようなか弱い女性ではありません。

「んな事させるかバーロー!!」とか
「さもなくば犬のようにくたばってやる」と、言い切る、野性味溢れる強い女性です。

そうして行き着く果てが、フリークス…ある種の奇形が出演するショーです。

本当は、後輩モデルやヘアメイクさんや検事さんなど、ほかの登場人物や背景などについて、もっと語りたかった…。

でも、長くなるのでここまでにしておきます。

最後に、

作者がもし事故にあわれなかったら続編は、私はあったと思います。

けど、

あれで終わっても違和感はなく、読者がいろいろ想像出来る楽しみもあって良いと思います。

映画と原作はずいぶん違うけど、私はそういうものだと思っています。

マネージャー役の寺島しのぶさんが良かった。

原作のりりこは凄味があるけど、沢尻エリカさんが演じた映画のりりこは、あどけない感じがして、どこまでも綺麗で、ちょっと可愛らしくて、それはそれで私は良かったと思います。


こんなブログを最後まで読んで下さった方(いるかも分かりませんが…)、
お時間とらせてすみません💦ありがとうございました🙇‍♀️

「シナプスが人格をつくる」ジョゼフ・ルドゥー著 森憲作監修 谷垣暁美訳

「オヤジ、心って何だろう?ただの電気信号システムなのかな?それとも手でさわって確かめられるものなのかな?」

この本は、アニメ「シンプソンズ」の、バートシンプソンのこのセリフから始まります。


こういうと、脳科学の難題も子どもの素朴な疑問も同列のように感じられますが、

実際、脳科学について書かれたこの本は、脳の複雑な仕組みやそれに関する専門用語が並んでいて、理解するのはなかなか大変でした。

はっきり言って、ざっとしか読んでいないし、正しく理解してるのかも怪しいです。

けれども、私はこういう本が好きです。

いわゆるハウツーものではなく、専門的な知識を一般の人にも分かるように、易しく丁寧に解説しているところに作者の誠意が感じられます。

脳科学は難解です。

この本の最初ほう…1、2章までは、前置きのようなかたちで、脳がどのように人格とかかわっているのかなどをざっと説明しています。

驚いた事に、ヴァチカンでも脳と魂の関係について議論されていたようでした。

そして、魂も物質的なものとしてとらえているようです。

そして第3章あたりからは、ニューロンシナプスについて、扁桃体について、神経伝達物質についてなど、脳の働き、変化、感情の仕組み、シナプスの病気、精神病、などなどが細かく丁寧に書かれています。

特に印象に残っているのは、脳の働きを盛大なカクテルパーティに例えたり、精神医学が脳を繊細なスープに例えているところです。

脳はものすごくたくさんの仕事をこなし、複雑に作用するものだと実感させられます。


さらに、脳が遺伝から影響を受けるのはせいぜい50パーセントで、それ以外の環境などの影響が大きく、それも可塑的(かそてき)であるという事は覚えておきたい事です。


自分が何者か?脳が心を作るのか?などを私はずっと疑問に思っていました。

そして結局、答えがないというのが答えなのかなと思いました。

この本の最後に書いてある、

「あなたはあなたのシナプスだ」

という言葉が力強く、答えのない答えを納得する事ができました。

そしてこの言葉には、つねに作られるのを待っている新しい接続があるからという説明がつきます。

新しい接続とは、いろんな可能性を含んだ希望のように感じられました。

「脳科学は人格を変えられるか?」 エレーヌ・フォックス

脳と人格の関係を科学的に分析した内容の本です。

楽観的な人格を「サニーブレイン」、悲観的な人格を「レイニーブレイン」と表現して、このふたつの相違を中心に検証しています。

自分が楽観的か悲観的かが分かる、簡単な心理テストのようなものもあり、私はやや悲観的な性格という結果が出ました。


脳科学の本は、専門用語が多くて難しいものが多いという印象でしたが、この本は、私のような素人にも分かりやすい内容です。

例えば、「DNAは、本棚に並んでいる、まだ読まれていない本のようなもの」など、難しい仕組みを一般向けに分かりやすく説明しているのです。

この本に興味を持った理由は、そういう読みやすさを感じたからと、あともう1つ、タイトルが気になったからです。

脳の仕組みと人格の関係は、私にとって一生涯のテーマ…と言ってしまうと大げさだけど、なんというかそういう感じのものなのです。

犯罪者が不幸な環境で育ったとして、同じ環境で育った人の全てが犯罪者になる訳ではない…というのは私にとっておおきな謎でした。

その謎についてのヒントがこの本にあります。

それは、

「脳が人間の行動を決める、人間の行動が脳を作る」


という、鶏が先か卵が先か…みたいな答えの出ない問題です。

人格は、脳の仕組みや遺伝や環境、認知バイアスが複雑に関連し合って作られるのだと言う事、

そしてそれは、こういう理解で合っているのかも分からないくらいデリケートな問題なのかもしれないと言う事です。

こういうと、考えがまとまっていなくて、結局何も分かっていないみたいだなあ…とも、思います。

けど、

俳優マイケル・J・フォックスが、祖母の励ましによってサニーブレインになったのかもしれないと書かれている箇所を読んで、

遺伝的にレイニーブレインの人格を持つ人も、環境によってサニーブレインに変わる事が出来て、人生を明るいものと考えて生きる事ができる可能性が高いと分かり、

やはり環境は大事なのだと言う事は、はっきり分かりました。

そして私も、マイケル・J・フォックスの祖母のように、まわりにの人を励ますような生き方ができるよう頑張ろうと思いました(`•ω•′)✧︎

「孫と私の小さな歴史」 佐藤愛子

最近テレビでは戦争と疫病のニュースばかり…。

そんなニュースばかりの気が滅入る毎日を少しでも癒そうと、近所にある「本の貸し出しを行う施設」に、行ってきました。

「図書館」…ではないんですよ。

まあ、細かい事はさておき、その施設内にある貸し出しコーナーで、本棚に並べられている本を前に私は、

『内容的には何の役にも立たず、むしろバカバカしいとさえ感じられるもの。そして、文字の並びに余裕があり、すぐに読み終われるようなもの。』

…と、いう条件をつけて本をさがしました。

そうして見つけたのが佐藤愛子先生の、

「孫と私の小さな歴史」

と、いう本です。

先に“何の役にも立たない"だの、“バカバカしい“だの、大変失礼な事を述べてしまい、大変申し訳ないです🙇‍♀️💦

ですがそのバカバカしさは、その時の私の精神状態にとってはとてつもなく尊いものだったのです。

一体全体、この本がどんな内容だったのかと言うと、

佐藤愛子先生とお孫さんが約20年間に渡り、おかしな扮装をした写真を撮って、それを年賀状にした記録です。

なんかこの説明ちょっとヘンかもしれない…。

本の内容についてさらに補足すると、面白おかしい写真と、その写真を撮った時の状況や経緯など、さらにお孫さんについての事などが書かれています。

写真は見ているだけで楽しいし、関連する文章もとても楽しく、

お孫さんがそれらの写真について、「おばあちゃんと私の成長記録」と、言っていたのが印象的でした。

少し明るい気持ちになれました。

✨✨📑📓📔📕📖📗📘📒📚✨✨

「朝が来る」 辻村深月

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.

望まない妊娠によって出産した女性と、その女性が産んだ子どもを養子として迎えた女性の話です。

辻村深月さんの本を読むのはこれが2冊目。

最初に読んだ本でも感じた事なのですが、

辻村深月さんという作家さんは、小説を書く上で、関連する出来事について事前に細かく調べ、またそれを的確に表現する力のある作家さんだと感じました。

この小説の中で、幼稚園や子ども同士のトラブルについて、「あるあるこういう事。」と、思わずうなずいてしまうような場面がありますが、そういう部分に先程述べた、この作家さんの努力や才能を感じました。


小説の内容に話を戻します。

この小説は2人の女性が主人公です。

子どもを産んだ女性とその子どもを養子として迎えた女性です。

前半は養子を迎えた女性を中心に、子育ての難しさや養子を迎えるまでの経緯などが描かれています。

その次に、養子の母親である若い女性について、妊娠に至った経緯や心情などが描かれます。

そして、読み進むうちに前半を読んで思った事のひとつひとつが覆されていきました。

女性として生きる難しさを描いてはいるけれど、悲観的ではなく、最後には希望が見える終わり方をするところに好感がもてる小説でした。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:

f:id:jyunko5jyunko5:20220313190826j:plain

「夏への扉」 ロバート・A・ハインライン

✽.。.:*・゚ 🐈‍⬛✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ 🐈‍⬛✽.。.:*・゚ ✽

普段ほとんどSF小説を読まない私ですが、なんとなく惹かれるものがあり購入した本です。(2020年12月発行のハヤカワ文庫SF)

そして、あとがきや解説を読み、この作品が多くのSF小説ファンに愛され続けてきた事や、

表紙の絵が作品のイメージにピッタリなところに、何か心が暖かくなりました。

本というものは、多くの人々の想いがあって、こうしてひとつの作品になるのだなあ…と。…( ˘͈ ᵕ ˘͈♡)


前置きが長くなってしまいました(>_<)💦

肝心の本の内容はというと…、

主人公が冷凍睡眠で30年間の眠りにつくというタイムリープものです。

波乱万丈で、謎もあればロマンスもありという、盛り盛りの濃い内容になっていると思います。

読みながらいろいろな感情を味わう事ができて、退屈しませんでした。

さらに個人的な事を言えば、主人公が物を作るのが好きなところや、相棒の猫をとても大切にしているところに好感が持てました。

主人公は、親友にも恋人にも裏切られて大切な財産も失うけれど、そんな困難を乗り越えて最後には幸せになります。


タイトルの「夏への扉」は、

冷凍睡眠から目覚めるという事の隠喩かな?
とか、いろいろな事を想像させられ、深い意味があるような印象を受けました。


f:id:jyunko5jyunko5:20220113104329j:plain
f:id:jyunko5jyunko5:20220113104332j:plain

「私をくいとめて」 綿矢りさ

主人公は、「ギャル」になれるほど若くはなく、「おばさん」というほどでもない、微妙な年頃の独身女性です。

性格的に少し怖がりなのかな?と思えるところがあり、普通とちょっと違うところがあります。

それは、自分の頭の中にいる別人格と脳内で会話をするところです。

ですが異常というほどではなく、正常の範囲内のようです。

物語そのものに大きな事件などはないのですが、主人公が海外旅行に行ったり、ディズニーランドに行ったり、会社での親しい同僚と会話をしている場面は楽しそうで、言うほど人が苦手そうではなく、


「なんだ普通じゃん。」


と、言いたくなる気持ちになります。

でも実はそこがこの小説の良さなのかなと思いました。

みんな自分のダメな部分をクローズアップしがちだけど、実際まわりの人から見たら、それはそんなダメでもなく、

この主人公に限って言えば、悩みがあってもそれなりに毎日を楽しむ事のできる健全な女性だと私は思いました。

そして読了後には、主人公が体験したクリスマスのイタリア旅行やディズニーのダブルデートなど、まるで自分が体験した事の思い出のような、ワクワクした気持ちが残りました。

f:id:jyunko5jyunko5:20211028101826j:plain